東京学芸大学と株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルート次世代教育研究院は、人工知能(AI)時代における、子どもたちに必要な能力及び教員養成についての共同研究を開始する。

 米国デューク大学教授によれば『2011年に小学校に入学した65%の子どもが、今、存在しない職に就く』という。つまり、将来、人工知能により代替される職が増加する一方で、新しい職が現れることを意味している。

 この予測ができないこれからの時代を生きていくのに必要な能力「生きる力」はどのようなものか。この共同研究では、その「生きる力」に着目し、それにはどのような学びが必要で、また、その次世代を担う子どもたちに寄り添う教師には、どのような能力が必要になるのかを研究する。

 研究にあたって東京学芸大学出口 利定学長は、『AI(人工知能)革命は、人類の歴史においても、おそらく相応のインパクトをもたらす変化だと考えています。このとき、私たちの未来や私たちの社会を支えている「教育」という営みに、どのような可能性や必然性が生じるのか。そして、そのような時代に子どもたちを教え導く「教員」とは、どのような存在であらねばならないのか。中央教育審議会等でも、大きな関心をもって検討されているAIと教育をめぐるこうした課題の一部に、本学の持つ研究資源が大いに活用され、今回の先導的な取り組みが、少しでも寄与できることを願っています。』とコメントとした。

 共同研究では今後、 外部有識者等を招いて研究会、シンポジウムを開催する予定。

東京学芸大学

幼稚園から大学まで有為の教育者の養成を目指した、教員養成の伝統大学。

東京学芸大学は、1949(昭和24)年に東京にある東京第一師範学校,東京第二師範学校,東京第三師範学校,東京青年師範学校の4つの師範学校を統合して創設されました。単科大学ではありますが、幼稚園から大学までの幅広い教員養成を目的とし、扱う領域は人文、社会、自然、[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。