鳥取大学医学部附属病院は、本田技研工業株式会社(ホンダ)と共同で、燃料電池自動車(FCV)や電気自動車(EV)から電力(最大出力9kW※1)を使うことを可能にする外部給電用インバータ「Power Exporter CONCEPT 9000」※を使用した実証実験を、2015年8月から実施することを公表しました。

 環境やエネルギー性能に優れた次世代自動車として、今後、社会に広く普及していくことが見込まれるFCVやEVは、車両そのもので発電や蓄電する機能を持っています。この機能を活かせば、電力を走行エネルギーにするだけでなく、電力を外部へ供給し、車両自体を電源として活用することが可能になります。車両で作った電力は、災害時の医療現場やコミュニティーへ提供することができるなど、「走る電源」として様々な場面で活用することが期待できます。

 「Power Exporter CONCEPT 9000※2」は、ホンダが発電機事業で培った世界中の電圧・周波数に対応した電源技術と様々な負荷に対応するノウハウよって生み出された外部給電用インバータで、家庭の電源と同等レベルの高品質な電気を供給することができます。

 今回の実証実験では、ホンダの電気自動車「フィットEV」と外部給電用インバータ「Power Exporter CONCEPT 9000」を使用し、超音波診断装置、除細動器、ポータブルX線撮影装置、人工呼吸器、濃縮酸素供給装置、人工心臓システムなどの様々な医療機器へ給電を行い、災害時も含む総合的な医療活動への効果を検証します。
※1 Honda測定値
※2 Power Exporter CONCEPT 9000は、一般家電向けのAC100V15A×6口で最大9kW、避難所の大型暖房などのAC200Vで6kWとAC100Vで3kWの合計9kWの大電力を使用可能にします。

出典:【鳥取大学】鳥取大学とHondaが外部給電用インバータの実証実験計画を公表

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。