東北大学と生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合(コープ東北)は、児童養護施設や社会福祉協議会、復興支援団体等への支援を目的としたフードバンク事業に関する協定を締結した。

 フードバンク事業とは、品質に問題はないものの、消費期限が迫っているためやむなく廃棄処分となる食品を無償提供すること。児童養護施設や社会福祉協議会、復興支援団体等に対して、消費期限内に食品を提供する。

 東北大学では、災害時に備えてアルファ米やカンパンなどの災害用備蓄物資を整備している。この災害用備蓄物資が消費期限を迎えた場合に、有効活用を行ってはいたが、処分していたという。今回、東北大学が担う社会的責任の一環として、コープ東北とフードバンク事業に関する協定を締結し協力することになった。

 東北大学では、年2回程度の基準日を設け、消費期限等が迫った災害用備蓄物資を学内でとりまとめのうえ、コープ東北に提供することで、フードバンク事業の支援を行っていく予定だとしている。

東北大学
東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。