順天堂大学は、インフルエンザ調査用iPhoneアプリケーション「インフルレポート」を開発した。これにはAppleが医療や健康に関する研究用に設計したオープンソースソフトウェアフレームワーク「ResearchKit®(リサーチキット)」を採用。多数の収集データにより医学研究の飛躍的進歩への貢献が期待される。

 「インフルレポート」の利用者には、まずワクチンの接種状況など簡単なアンケート調査を行う。その後、インフルエンザにかかったときには、症状や処方薬などの追加アンケート調査(症状が落ち着いてからの回答が可能)を行うほか、30日毎にインフルエンザ罹患状況やワクチン接種状況などを確認する。回答結果やインフルエンザに罹患した場所での気温・湿度や歩行速度など複合的な情報をもとに、今後、インフルエンザ罹患者数やワクチンの効果、インフルエンザ罹患の危険因子などの科学的解明を試みる。

 また、収集データはアプリ内で即座に分析し、利用者に地域ごとのインフルエンザ発生状況をフィードバックする。このような発生状況は利用者データから推測するため、一般的なインフルエンザ流行情報とは異なるが、気になる地域を登録すれば、勤務先や子どもの通学先など比較的狭いエリアの発生状況を確認できる。また体温の記録機能もあり、インフルエンザ罹患時の体調管理の一助となる工夫をしている。

 アプリ利用者には参加時に、調査研究の内容・回答データの取扱いなどを項目別にわかりやすく説明した後で同意署名をもらうなど、十分なインフォームドコンセントを行う。なお個人情報保護に配慮して位置情報は郵便番号として収集し、研究結果発表などでは、さらに市町村単位に変換する追加処置を行うという。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。