名古屋市立大学大学院薬学研究科神経薬理学分野の粂和彦教授・冨田淳講師・中根伸(大学院生)は、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)の船戸弘正教授と柳沢正史機構長/教授の研究グループとの共同研究で哺乳類と昆虫に共通して睡眠・覚醒を制御する遺伝子を発見したと発表。11月2日に Nature 誌オンライン版で公開された。

 睡眠と覚醒についてはまだ謎が多く根本原理が解明されておらず、これまで粂教授はショウジョウバエの睡眠研究、柳沢教授はマウスを用いた睡眠制御機構の研究を進めてきた。

 今回研究チームは、ランダムな突然変異を入れた多数のマウスをスクリーニングして、覚醒時間が大幅に減少する Sleepy 変異家系と、レム睡眠が著しく減少する Dreamless 変異家系の樹立に成功。睡眠・覚醒を制御する二つの遺伝子変異(Sik3 および Nalcn)を発見し、それぞれの機能を明らかにした。

 さらにSik3がマウスだけではなく、ショウジョウバエや線虫といった別種の動物でも睡眠制御に働くことから、Sik3は睡眠制御に普遍的に関与することが示唆された。また、Dreamless 変異マウスではレム睡眠の終止に関わるニューロンを含む領域の活動パターンが変化していることを発見した。これらは、睡眠覚醒制御において中心的な役割を果たす遺伝子を世界で初めて見出した成果といえる。

 今回、マウスで全く新規の睡眠・覚醒制御に関わる遺伝子が発見されたことは、睡眠障害の解決などにつながる大きな可能性があるという。また、同じ遺伝子がショウジョウバエでも同様の機能を持つことが示されたことは、基礎研究の広がりにつながり、睡眠の謎の解明につながることが期待される。

名古屋市立大学

世界をリードする大学を目指す。 誇りを持ち、愛される名市大。

あらゆる機会を通じて幅広い視野と教養、「共生」の精神、豊かな創造性を身につけ、目的意識と主体性を持って、地域社会及び国際社会に貢献することができる人材を育成します。 知性と教養に溢れ、創造力に富んだ次世代を担う有為な人材を輩出します。[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。