近畿大学の高村史記講師らの研究グループは、世界で初めてインフルエンザウイルス感染防御免疫を担うCD8陽性記憶T細胞の蓄積場所を特定した。あらゆるインフルエンザウイルス株に有効なワクチンの開発が期待できるという。

 現在のインフルエンザワクチンは変異しやすいウイルス表面タンパク質を標的とするため、特定の型のウイルスにしか効果を示さない。また、ウイルス侵入門戸である呼吸器粘膜での免疫応答の誘導効果が期待できないため感染自体の阻止はできない。一方、CD8陽性T細胞(リンパ球の1種)は、変異の少ないウイルスタンパク質を標的としてウイルス感染細胞を直接破壊できるため、CD8陽性T細胞を感染局所に配備できれば、あらゆる型のインフルエンザウイルス感染の迅速な終息が可能だ。近年、侵入門戸に近い感染局所に長期間維持され、再感染に対する防御免疫を担う細胞(滞在型記憶T細胞)の存在が明らかとなった。滞在型のCD8陽性記憶T細胞を侵入門戸に効果的に誘導・維持ができれば、複数株に有効で防御効果の高いインフルエンザウイルスワクチンの開発につながる。

 高村講師らは、ウイルス感染マウスの肺に存在する滞在型のCD8陽性記憶T細胞が、感染による肺組織の傷害を修復するために形成された細胞集塊に局在し、二次感染で最も危険な「傷口」を防御していることを突き止め、この集塊を「修復関連記憶貯蔵部位」(RAMD)と命名。またRAMDに滞在型のCD8陽性記憶T細胞が維持されるには、ウイルス抗原が局所に残存する必要があることも発見した。

 今後、RAMD形成機構と局所での滞在型CD8陽性記憶T細胞分化誘導機構の詳細を解明すれば、幅広い防御免疫を可能にするワクチンの開発が期待される。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。