大阪大学は大阪府豊中市の大阪大学会館で学部1年生の保護者を対象とした「保護者の集い」を開き、大学の運営状況や教育、国際交流、学生支援の現状について意見を交換した。

 大阪大学によると、このイベントは保護者に大学の実情を理解してもらうとともに、大学をより身近な存在に感じてもらおうと、2014年から毎年開いている。2016年度からはより多くの保護者の来場を促すため、理系学部と文系学部の2回に分けて実施した。

 大阪大学の西尾章治郎総長のあいさつに続き、山中伸介理事・副学長が「世界に飛び立て阪大生」、岩谷良則総長参与(学生生活委員会委員長)が「学生生活について」、佐藤宏介総長参与(全学教育推進機構長)が「全学共通教育について」、吉川秀樹理事・副学長が「大阪大学未来基金について」と題し、大学の現状を説明した。出席した保護者からは熱心な質問や意見が相次いだ。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。