うつ病患者の血液中に重症度と関連する代謝物が存在することを、九州大学、大阪大学などの研究チームが発見した。採血からうつ病の重症度が評価できるようになれば、早期治療が可能になると期待されている。研究成果は米科学誌「プロスワン」電子版に掲載された。

 九州大学によると、九州大学病院、大阪大学医学部付属病院、国立精神・神経医療研究センターを受診したうつ病患者計90人を、専門家が問診でうつの重症度を評価するとともに、患者から採取した血液中の100種類に及ぶ代謝物を計測、分析した。

 その結果、うつ病の重症度に関連する代謝物が20種類見つかった。このうち、3-ヒドロキシ酪酸、ベタインなど5種類の代謝物は、3機関の患者に共通してうつ病の重症度と深い関連を持つことが明らかになった。

 さらに、抑うつ気分や罪悪感、死にたいと思う気持ち(自殺念慮)など各症状に関連する代謝物があることも分かった。例えば、死にたいと思う人には脳内免疫細胞ミクログリア(※1)との関連が示唆されるキヌレニン経路の代謝物が深く関連していた。

 うつ病の治療には早期発見が肝心だが、これまでは本人の主観的な訴えに基づいて評価する方法が一般的で、より客観的な評価方法が求められていた。研究チームは今回の成果は新たな評価方法開発に道を広げるだけでなく、うつ病のメカニズム解明や治療薬開発にも役立つとみている。

※1 ミクログリア 脳内に存在する免疫細胞で、感染やストレスなどさまざまな要因で過剰に活性化すると、ニューロン障害を引き起こすことが知られている

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。