株式会社ぐるなびと東京地下鉄株式会社が共同で運営する東京のおでかけサイト「レッツエンジョイ東京」が行った首都圏の大学の学園祭ナンバーワンを決めるコンテスト「学園祭グランプリ2016」で、お茶の水女子大学の学園祭「第67回 徽音祭」がグランプリを受賞した。

 今回で8回目となる「学園祭グランプリ」は、過去最高の102キャンパスが参加。近年、留学生や訪日外国人が増加していることを背景に、今回から新たに留学生による企画部門や訪日外国人向けの企画部門などの部門賞も設立した。

 審査方法は、各キャンパスの学園祭実行委員会から提出される学園祭の開催前と開催後に提出されるレポートをもとに、学園祭実行委員OB・OGや留学生を中心とした審査員が「地域コラボ賞」「ユニーク企画賞」「企業コラボ賞」「留学生企画賞」「グローバル企画賞」の5部門にわけて審査し、各部門賞とグランプリを決定。

 グランプリを受賞したお茶の水女子大学の「第67回 徽音祭」の受賞のポイントは、日本舞踊演舞・裏千家茶道の茶会・食物栄養学科の名物料理といった、お茶の水女子大学ならではの特性を活かした「和」の企画や、アイドルダンスに代表されるクールジャパン文化を感じられる企画、また、留学生が積極的に学園祭に参加できている点など、5つの部門において全般的にOB・OG審査員・留学生審査員から高い評価があり、総合獲得点数が高くなったことがMVP受賞の大きな要因となった。

 第2位は東京理科大学の「第四回東京理科大学葛飾地区理大祭」。プロジェクションマッピング・地元野菜・物産展・フリーマーケット・古本市など、葛飾区や企業と連携した企画が多数用意されたほか、体育館や講義塔の1フロア全体を使用した理系大学ならではの実験教室も子供連れのファミリーで賑わうなど、地域を巻き込んだ「町のお祭り」的な雰囲気が評価された。

 第3位は東京大学の「第67回 駒場祭」。“10分で知ることができる東大の研究発表”やロボット操縦体験など、一般的には難しいと思われがちな内容を体験企画として気軽に参加できるようにしていた点が審査員から高く評価された。

参考:【株式会社ぐるなび】レッツエンジョイ東京 学園祭グランプリ2016 受賞校の発表!

お茶の水女子大学

社会をリードし時代を創る女性たちを育てる、国立総合女子大学。

お茶の水女子大学は、1875(明治8)年に東京女子師範学校が設立されたことに始まります。以降、学ぶ意欲を持って社会のために役立ちたいと望む女性たちのために、女子教育の先達として、道を切り拓いてきました。そして今も、広い知識と豊かな想像力を備え、豊かな未来を創造[…]

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。