株式会社マイナビは、2017年1月8日、初となる大学生を対象とした大規模なビジネスコンテスト「キャリア・インカレ2016」の全国大会決勝を六本木「ニコファーレ」で開催する。

 「キャリア・インカレ2016」は、全国の大学生を対象に、これから社会で必要とされる力を身につけ、未来のビジネスについて考える機会を提供するビジネスコンテスト。参加学生は友達を誘ってチームを組み、『東京ガスの強みを活かし、“エネルギー供給以外で”収益を得るための新規事業を立案せよ/東京ガス』、『大学生がJALを好きになり、今後ビジネスパーソンになっても、継続してJALを選んでくれるような新しい取り組みを提言せよ/日本航空』といった、協賛企業等が設定した4つの“企業テーマ”から一つを選択してエントリーする。

 「キャリア・インカレ」としては初開催ながら、日本国内のみならず海外からもエントリーがあり、応募は100チームにものぼった。その中から今回決勝に進出するのは、書類審査、プレゼン動画審査を勝ち抜いた、「大日本印刷」代表チーム(東京大学)、「東京ガス」代表チーム (オックスフォード大学、慶應義塾大学、東京大学)、「内閣人事局」代表チーム(上智大学、東京大学、東京工業大学)「日本航空」代表チーム(同志社大学、早稲田大学)の4チーム。

 出場学生は、企業や社会の見方、ロジカルシンキング、プレゼン力などを鍛える講座を受講し、決勝に臨む。総合優勝の栄冠を勝ち取ったチームには奨学金100万円を贈呈。白熱した決勝の様子は「ニコニコ生放送」でインターネット生中継を行う予定。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。