東京工業大学(東京都目黒区)は、2017年4月、地上3階建て定員102名の女子寮「洗足池ハウス」をオープンする。この30年で女子学生が約4倍に増えたことを背景に、女子学生らの利便性向上と、存分に学べる環境をより多くの理工系大学・大学院を志す女性にアピールしたい考えだ。

 東京工業大学は2016年4月から新しい教育システムをスタート。「日本の東工大から、世界のTokyo Techへ」というスローガンを掲げ、”多様性”を重視した教育を目指している。
女子寮は、自然豊かで風光明媚な洗足池(東京都大田区)から徒歩3分の場所にあり、大岡山キャンパスまでは歩いて15分、自転車なら5分で通える絶好のロケーションだ。また、洗足池公園を通り抜けて通学できることから、勉強や研究の合間の息抜きや気分転換に最適だという。さらに、日本人学生と留学生混住型であり、多様な文化の中での暮らしを通して国際感覚を育むことができる。

 室内のデザインは、女性の生活空間を意識して設計された。白を基調に、ウッド素材のフローリングで仕上げ、各個室には収納スペースや室内干しを用意。洗面台や大きめのシューズボックス、姿見なども設置される予定だという。

 第1期入居者の募集は、在学生は2017年1月20日~31日、2017年4月入学予定者は1次募集が2017年3月10日~16日、2次募集が2017年3月23日~3月25日。募集案内や申請方法など詳しくは、大学ホームページ内の「学生寮・住まい」に記載されている。

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。