東京大学の村田幸久准教授らのグループはマウスを用いた実験で、食物アレルギーを抑える物質を発見しました。食物アレルギーは子供で特に多く、最悪の場合はショックを起こして死に至るケースもあります。患者数は増加の一途をたどっているにもかかわらず、いまだに根本的な治療方法の発見には至っていません。

 これまでの研究から腸に存在するマスト細胞と呼ばれる免疫細胞が増加することで食物アレルギーが発症・進行するのではないかと考えられていました。またマスト細胞はプロスタグランジンD2という物質を大量に産生することが分っていましたが、これが食物アレルギーにどのような影響を与えているのかが分っていませんでした。この研究ではマウスを用いて、プロスタグランジンD2がどのような働きをしているのかを調べました。

 まず正常なマウスに卵白に含まれるアレルギー物質を投与することで、アレルギーを起こさせました。この症状は投与の回数に応じて悪化すると同時に腸のマスト細胞の数も増加します。このときプロスタグランジンD2を作るために必要な酵素が大量に作られていることが分りました。一方、プロスタグランジンD2を作る遺伝子を欠損させたマウスで同様の実験を行ったところ、腸内に浸潤するマスト細胞の数が増え、アレルギー症状が劇的に悪化したのです。これによりプロスタグランジンD2がマスト細胞の増加を抑制し、アレルギー症状を抑える役割を持っていることが明らかになりました。

 今後の研究ではプロスタグランジンD2がどのようなメカニズムでマスト細胞の増加や腸内での浸潤を抑制していくのかを調べる予定です。それを明らかにすることで、プロスタグランジンD2を標的とした医薬品の開発へとつなげることができます。まだ見つかっていない食物アレルギーの根本的な治療につながることを期待したいです。

出典:【東京大学】食物アレルギーの症状を抑える分子の発見

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。