工学院大学ソーラーチームは、2017年10月にオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2017」への3度目の参戦を発表した。

 「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ(WSC)」とは、太陽光のみを動力源として、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの総延長約3,000kmの総走行技術を競う世界最大級のソーラーカーレース。工学院大学ソーラーチームは2009年に8名で設立され、5年目の2013年にWSCチャレンジャークラスに初出場した。2度目の出場となった2015年はより実用性を重視するWSCクルーザークラスに参戦し2位以下に大きなタイム差を付けてゴールしたが、総合ポイントで優勝を逃し課題が残った。

 そこで3度目の挑戦となる2017年のWSCへの参戦は、4学部15学科の各分野で先端研究に取り組む17名の教員陣をチームアドバイザーとして招聘。車両開発から設計・製作、レース参戦まで全学的にバックアップする。さらに、日本を代表するサポート企業が最先端素材や技術を提供し、大学と連携しながら学生を育て、チームを支援する。

 こうした大学や企業の支援を受け、チームに所属する200名を超える学生たちが、車両をメインに扱う技術部、サポート企業との調整や広報を担う運営部、会計全般を管理する財務部に分かれ、新車両の製作や参戦への準備を進める。学生たちが自らの手で作り上げる新車両は、2017年5月に完成予定で、2017年10月8日に開幕するWSC本選に挑む。

工学院大学

伝承を継承しつつ、さらなる進化を続ける大学

 2011年の日本初の「建築学部」開設を皮切りに、2015年「先進工学部」創設、2016年「情報学部が従来の2学科体制から4学科体制に、そして、2017年4月には伝統の工学部に「電気電子工学科※」誕生と、常に時代に即した改革を続けています。さらに、八王子キャン[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。