金沢工業大学(石川県野々市市)は、2017年2月25日(土)、「第22回 夢考房プロジェクト発表会」を開催する。夢考房プロジェクトは、学生たちが学科・学年の垣根を越えて自主的に集まり、個々の能力や知識を集結させて本格的な「ものづくり」に取り組む、同大学の課外教育プログラムのひとつ。同プロジェクトに参加する学生が、日頃支援を受けている企業関係者などに1年間の活動成果を発表する。

 特に2016年度に成果を上げたプロジェクトとして紹介されているのが「エコラン」と「小型無人飛行機」である。
「Hondaエコ マイレッジ チャレンジ2016」の全国大会において、「エコラン」プロジェクトは燃費2014km/lを記録し、77チームが参加したグループⅢ(大学・短大・高専・専門学校生クラス)で2年ぶり10回目の優勝を果たした。
「小型無人飛行機」プロジェクトは「第12回 全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」で初優勝を飾り、「自動操縦部門」においては、東京大学、名古屋大学、首都大学東京、鳥取大学、日本大学など10チームが参加するなか、2位の日本大学に741ポイント差をつけ、高い技術力で勝利した。

 夢考房プロジェクト発表会では上記に加え、「ソーラーカー」「人力飛行機」「ロボット」「ロボカップ」「義手研究開発」「建築デザイン」「メカニカルサポート」「フォーミュラカー」「組込みソフトウェア」「人工衛星開発」等のプロジェクトが活動成果を発表する予定。その模様はUSTREAMでも配信される。

参考:【金沢工業大学 第22回夢考房プロジェクト発表会】当日の発表スケジュールとUSTREAMのアドレスについて

金沢工業大学

人や社会に役立つものを創造する「イノベーション力」を身につけます

金沢工業大学(KIT)では、ユーザーが何を必要としているのかチームで考え、アイデアをプロトタイプとして具体化し、実験・検証・評価していくプロジェクトデザイン教育を全学生対象に実施しています。世界標準の技術者教育「CDIO」を導入し、グローバル人材に期待される「[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。