一般社団法人ブレインインパクト(京都市、山川義徳理事長)は、京都大学、東京工業大学と連携し、脳を健康にするライフスタイルの研究に市民が参加する「BHQスクール」を開設する。

 東京工業大学によると、BHQスクールでは内閣府の革新的研究開発推進プログラムが国際標準規格として提案している健康指標を使い、脳の健康状態に応じた食事や運動の方法、脳の健康を守る睡眠時間、趣味、生活環境などの発掘、実証を進める。
市民による研究活動を科学者が専門家の視点で見ることにより、脳の健康に関する新しい方向性も模索する。

 この健康指標は脳のMRI(磁気共鳴画像法)画像から大脳皮質の量や神経線維の質を示すもので、頭の柔らかさや情報処理の効率性が簡単に分かるようになっている。BHQスクールで実際に活用することにより、正確性や利便性の向上にも努める。

 ブレインインパクトはこの健康指標を使い、150人分のデータ解析を進めている。その結果、年齢が高いほど脳が衰え、機能低下していることが明らかになった。データ数が増えれば、加齢によって脳の健康がどのように変化していくかも解明できるとしている。

 BHQに参加する市民研究者は自身の脳をMRIで撮像し、脳年齢などの情報から自身の脳の健康状態を知るとともに、自らの生活改善による効果を市民研究者間で共有して脳に優しいライフスタイルの実証を進め、自身の健康増進にも役立てられる。

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。