横浜市立大学の梁明秀教授、宮川敬助教らの研究グループは、エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)が体内で効率よく感染を拡げるための分子メカニズムを解明し、これに関わる宿主タンパク質を発見した。今回の成果は、国立感染症研究所・シンガポール国立大学・北里大学・米国ミシガン大学などとの共同研究によるもの。研究成果は英国の科学雑誌「Nature Communications」(オンライン版)に掲載された。

 HIVの感染様式の一つに、感染細胞と非感染細胞が直接接触して一度に大量のウイルス(100~1000個)を受け渡す「cell-to-cell(細胞-細胞間)感染」がある。この感染は細胞間の接合部に存在するVirological Synapse(VS)と呼ばれる特殊な構造体を介して起こる。HIVの効率的な伝播には、ウイルスの基本構成要素(HIVの骨格タンパク質である「Gag」やウイルスゲノム「vRNA」など)をVSまで輸送することが知られているが、その仕組みは不明だった。

 研究グループは、これまでの研究からGagとvRNAの輸送は一部共通の宿主タンパク質を介すると考えられたため、Gagに結合する宿主因子を探索。その結果、がん抑制遺伝子産物であるAPC(adenomatous polyposis coli)タンパク質の同定に成功した。さらに、APCの役割を検討した結果、APCはウイルス構成因子であるGagやvRNAをVSに集積、安定化させてHIVのcell-to-cell感染を制御する宿主タンパク質であることが示唆された。

 APCの癌抑制機能を阻害せずにGagとの相互作用を阻止できれば、HIVの効率的なcell-to-cell感染が阻止できる可能性がある。今後、APCのGag結合領域を模倣したペプチドや化合物、さらにはAPCとGagの相互作用を抑制する化合物などを探索することで、ウイルス–宿主間相互作用を抑制する新しいタイプの治療薬開発へ展開させたいとしている。

横浜市立大学

横浜における知識基盤社会の都市社会インフラとして、教育研究と医療の拠点機能を担う。

横浜市立大学は1882(明治15)年に設立された横浜商法学校が前身となっています。横浜市立大学として教育、研究、医療の知的創造拠点としての役割において横浜の発展に寄与することを目指し、なおかつ優秀なグローバル人材や先端研究の成果と高度医療を横浜から世界へ発信す[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。