2016年春に大学を卒業予定の学生の就職内定率が8月1日現在で67.3%に達したことが、人材紹介・採用コンサルティング会社のディスコ(東京)のアンケート調査で分かりました。内定者のほぼ半数が2社以上を確保し、この時点で就職活動を終えていることも明らかになりました。大学生の就職活動は4カ月「後ろ倒し」され、8月1日から面接など選考を始めることになっていましたが、「後ろ倒し」を守らない企業が後を絶たないことがあらためて浮き彫りになったといえそうです。

調査は2015年8月1日から5日にかけ、就職活動をしている大学4年生(理系は大学院修士課程2年生を含む)を対象にインターネットで行い、1,484人から回答を得ました。それによると、「内定あり」と回答したのは67.3%。7月1日現在の50.6%に比べ、16.7ポイント上昇しています。内定者のうち、45.0%がこの時点で就職活動を終えていました。内定社数は平均2.1社で、内定者の53.8%が2社以上から重複内定を得たと答えています。
内定を得た企業の業種は文系、理系ともトップは、情報処理、ソフトウエア、ゲームソフトなどIT関連。8月1日前後に内定企業から46.6%が懇親会などの名目で呼び出しを受けていました。説明会などに参加し、就職活動をした企業数は平均59.9社で、7月の58.3社から微増にとどまり、多くの企業が「後ろ倒し」を無視して採用活動をしている実態もうかがわせました。

出典:【株式会社ディスコ】8月1日の内定率は67.3%。内定者の過半数は2社以上を獲得~2016年度日経就職ナビ就職活動モニター調査結果(2015年8月発行)~

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。