富山県内の大学、短大、高等専門学校でつくる大学コンソーシアム富山(富山市)は、学生グループによるフィールドワーク(現地調査)10件を2015年度の研究助成対象に選びました。選ばれたテーマは、富山大の「魅力ある市民マラソン大会の開催と地域資源の活用」、富山県立大の「小矢部市における観光客増・人口増を目指した課題把握と情報発信の試み」など地方創生に関係するものが目立ちました。助成金額は1件当たり最大20万円で、2016年2月に研究成果が発表されます。

研究助成事業は、学生によるフィールドワークを支援することで、学生の課題解決力を向上させるとともに、地域の活性化を図ろうと、2015年度からスタートしました。県内の大学、短大、高専から計35件の応募があり、審査した結果、富山大5件、富山県立大、富山国際大、富山短大、富山福祉短大、富山高専各1件の計10件を選びました。

10件のうち、富山大のグループは11月に初開催予定の富山マラソンをテーマに、関係自治体へアンケート調査をし、交流人口の増加につながる対策を検討します。富山県立大は三井アウトレットパーク北陸小矢部がオープンした小矢部市で、観光客増に結びつき、人口の減少を食い止める方策を考えます。このほか、小水力発電の活用策や五箇山地域の観光動向調査、大学卒業後の地域定着などが助成対象となっています。

出典:【大学コンソーシアム富山】平成27年度「学生による地域フィールドワーク研究助成」の助成対象研究決定のお知らせ

富山大学

広い知識と深い専門的学識を教授することにより、「高い使命感と創造力のある人材を育成する総合大学」を目指す

地域と世界に向かって開かれた大学として、生命科学、自然科学と人文社会科学を統合。特色ある国際水準の教育及び研究を行い、人間尊重の精神を基本に高い使命感と創造力のある人材を育成し、地域と国際社会に貢献する力を養います。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。