2017年2月9日(木)、金城学院大学(愛知県名古屋市)は、ANAエアラインスクールを運営するANAビジネスソリューション株式会社と教育連携協定締結に伴う調印式を執り行った。この協定締結により、同大学の学生は「優待受講制度」を利用して、2017年2月に開講したANAエアラインスクール「名古屋ベーシック短期集中コース」を受講。また、2017年度以降、「ANAエアラインスクール学内講座」も開講される予定だ。

 これまで金城学院大学では、正課の授業や業界研究セミナーなどで学生らの就職活動に力を尽くしてきた。今回の協定も、就職サポートの一環として、人材育成力と実績がある同社との教育連携を決めた。2017年度に開講される学内講座では、ベーシックコースの内容を4~5日間の短期集中コースとして受講することができ、エアライン業界を志望する学生の就職活動を支援していくという。

 また、教育連携に至った背景としては、グローバル社会における女性の活躍が注目される中、女性特有の柔らかな視点や、ホスピタリティが大いに活かせるエアライン業界を志望する学生は学内にも多数いること、さらに今後も増加すると見込んでいることを挙げている。

 同大学は、これからも高い接遇力と実践力を兼ね備えた人材の育成に努めると同時に、産学連携活動を積極的に行い、社会に貢献できる大学づくりを行っていくという。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。