中央大学経済学部では、2017年度から新たに高校生を対象とした科目等履修生制度を開始する。対象は高校1~3年生で、履修科目は「経済入門」(半期2単位科目)。

 本科目は、普段の生活の中でおこる身近なテーマを取り上げながら、経済の仕組みの基本を理解し、経済学の基礎を身に付けることを目的としており、経済学部の1年生が履修する科目となっている。大学生と通常の授業を一緒に受講することで、大学の学びを体感し、将来の学部選択に役立ててもらうのが狙い。

 高校生は審査料(11,000円)、登録料(10,000円)、科目履修料(1単位につき15,000円)のすべて無料となるほか、中央大学経済学部に入学した場合、修得した単位は申請に基づき、経済学部の単位として認定される。

 受講期間は前期(2017年4月13日~7月27日)木曜日5限(16:40~18:10)、もしくは後期(2017年9月25日~2018年1月22日)月曜日5限(16:40~18:10)となっている。
出願期間は、春募集が2017年3月27日~31日、秋募集が2017年9月4日~8日(郵送の場合は期間内必着のこと)。後期開講の場合も春募集での出願が可能。出願書類は送料含め無料で送付する。

参考:【中央大学】2017年度より高校生も経済学部科目等履修制度の利用が可能となります。

中央大学

多様な教育により養われた「行動する知性。」は世界と日本の「中央」へ

中央大学は、1885(明治18)年、「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神を掲げ、「英吉利法律学校」として創設されました。この伝統は、総合大学として幅広い学問分野を網羅する現在では、「行動する知性。- Knowledge into Action-」というユニバ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。