地球温暖化の対策として、温室効果ガスである二酸化炭素の排出量削減は喫緊の課題ですが、一方で、二酸化炭素を有効利用してエネルギーに変換する人工光合成技術が注目されています。人工光合成は、植物が太陽光エネルギーを使って二酸化炭素と水から炭水化物を得る光合成のように、太陽光エネルギーを使って人工的に二酸化炭素から有用な燃料を生成する技術。人工光合成技術が実用化されれば、二酸化炭素を有効利用できるだけでなく、再生可能エネルギーである太陽光エネルギーを使って燃料を生成することが可能になります。

大阪市立大学は8日、同大複合先端研究機構人工光合成研究センター所長、天尾豊(あまお ゆたか)教授らのグループが、マツダ株式会社技術研究所との共同研究において、人工光合成によって自動車用の低炭素燃料として期待されているエタノールの生成に成功したと発表しました。これまで二酸化炭素をメタノールに変換する人工光合成は報告されていましたが、燃料として実用がより期待されているエタノールへの変換が成功したのは初めてのことです。

 同研究グループは、二酸化炭素とメタン(あるいはメタノール)から酢酸を生成し、人工光合成によって酢酸からエタノールを合成する反応系を考案。150分間の太陽光照射で酢酸のおよそ5%をエタノールに変換することに成功したと報告しています。
 研究グループは、今後は酢酸菌等を利用して、太陽光と二酸化炭素からエタノールを生成できる新たな人工光合成技術への展開に取り組むとしています。
 この成果は、7月2日付けで「Applied Catalysis B: Environmental」に掲載されました。

出典:【大阪市立大学】太陽光エネルギーを利用したエタノール燃料生成に成功

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。