東北大学と日本電気株式会社(以下NEC)は、AI(人工知能)の社会実装を推進するために協力し、AI領域における共同研究や地域の人材育成などを強化する。AI が研究開発フェーズから実用フェーズへと拡がる中、実データを用いた技術・ソリューションの検証がより重要になっている。今回の連携で大学や企業の持つ膨大な実データの活用を狙う。

 連携の特長は、同大学で保有している知見や、実験から得られた膨大な実データを活用した、研究成果の社会実装までを見据えたAIの有用性の検証。また、地域活性化に向けたAI活用推進、および地域における人材育成まで幅広く連携する。

 具体的には、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(※1)を用い、社会インフラやプラント設備の保全技術領域における共同研究、地域活性化を目的とした東北地域の企業とのAI実証環境の共同構築・運営を実施する。また今回の取り組みによる同地域におけるAIの現場活用と、人材育成とイノベーションの創発を目指しており、新規事業創出にも貢献していきたいという。

※1:NEC の最先端 AI 技術群の名称。”The WISE”には「賢者たち」という意味があり、複雑化・高度化する社会課題に対し、人と AI が協調しながら高度な叡智で解決していくという想いが込められている。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。