京都産業大学(京都府京都市)は、50周年記念基金「サギタリウス基金」において、「2世代・3世代支援奨学金」を新設。在学生を対象に、祖父母のいずれか、かつ父母のいずれかが卒業生の場合20万円が給付される。また、父母のいずれかが卒業生の場合は10万円、祖父母のいずれかが卒業生の場合は5万円が給付される。

 この「サギタリウス基金」は、1965年の開学から創立50周年の節目である2015年にスタート。建学の精神を受け継ぎながら、今後とも世界に雄飛する人材を輩出していくことを目的に、同基金に賛同した人たちからの寄付で創設された。

 同基金には、兄弟姉妹が同大学に同時に在籍する場合に10万円支給される「同時在学支援奨学金」や、共通教育科目「熊本・山鹿フィールド」を履修してフィールドワークに参加する人に参加費用として5万円が給付される奨学金制度もある。

 同基金の名称「サギタリウス」とは同大学の校章に描かれているいて座のマークが由来している。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。