京都大学学際融合教育研究推進センター地域連携教育研究推進ユニットでは、学校経営を学びたい人を対象に、「学校経営ディレクター」を養成する「京都大学私学経営アカデミー」を2017年4月から開講する。

 「京都大学私学経営アカデミー」は、学校管理運営全体を把握し、私学経営について学ぶことを通して、教育、学校のあり方、学校運営等について幅広く造詣を深め、これからの教育の場で活躍する人材の育成を支援する文部科学省認定の職業実践力育成プログラム。

 講座では、経営分析力、経営管理能力、資金調達、法令等の知識の活用、独創的な特色あるコースの創設など、カリキュラムからマネジメント、財務、人事など多角的に学び、専門的知識、実践的な技能を身につけることができる。

 受講対象となるのは、将来私学経営の中枢を担う人から子育て中の保護者まで、学校管理運営の総合的な知識・スキルの獲得と実践力の向上を希望する社会人経験5年以上の人全てとなる。

 開講時期は、2017年4月29日~2018年3月。年間通して春・夏・秋・冬の4学期の全120時間の履修で費用は15万円(教材費等込み)。春学期・秋学期は、兵庫県私学会館にて、金曜夜間と土曜日(月1回)、夏学期・冬学期は、京都大学構内にて、3日間の集中講義を予定。

 申込締切は、2017年4月20日午後5時まで (申し込み順に順次審査、定員になり次第締切)。

参考:【京都大学】文部科学大臣認定職業実践力育成プログラム「京都大学 私学経営アカデミー」

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。