福祉・保育・教育・心理のスペシャリストを育成する東京福祉大学では、2017年3月11日(土)、3月25日(土)に各キャンパスで春のオープンキャンパスを開催する。

 東京福祉大学のオープンキャンパスの特徴のひとつは、「アクティブ・ラーニング」の体験授業。東京福祉大学では、2000年の開学当初から授業で「アクティブ・ラーニング」を実践しているため、オープンキャンパスの体験授業でも、その「学生参加型・対話型」授業を在学生と一緒に体験できる。

 説明会や個別相談会では、学部内容・カリキュラムの説明だけでなく、就職・国家試験の合格実績、授業スタイル、短期留学、入試に関することなど、大学の最新情報を知ることができる。さらに、伊勢崎キャンパスでは「いきものがかりプロジェクト」の小動物体験やカフェテリアでのランチ体験、王子キャンパスではキャンパスツアーや学生ラウンジでのトークタイムなど、キャンパスごとに独自のスペシャルプログラムが用意されている(内容や体験できる時間帯は要確認)。在学生が多数参加してサポートするので、大学や授業、学生生活について直接話を聞くことができるのも魅力だ。

 春のオープンキャンパスの日程は、2017年3月11日(土)伊勢崎キャンパス・王子キャンパス、3月25日(土)伊勢崎キャンパス・池袋キャンパス・名古屋キャンパスで開催予定。参加方法は、WEBもしくは電話で事前の申し込みが必要となる。

参考:【東京福祉大学】オープンキャンパス

東京福祉大学

アクティブ・ラーニングで楽しく学べる!学生参加型の授業で力を伸ばす。

本学では2000年の開学当初よりアクティブ・ラーニングを実践しています。授業は学生参加型・対話型のスタイルが中心。各学部の教育目標に沿った知識を分かりやすく学ぶことができます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。