大阪、芝浦、愛知、広島、福岡の5工業大学は、理工学系の人材育成を目指し、「工大サミット」を創設した。また、大阪、芝浦の両工業大学は包括連携協定を締結、教職員、学生の交流や教育、研究両面での連携を進めることを決めた。

 大阪工業大学によると、工大サミットは工業大学が抱える共通の悩みや課題を5工業大学がスクラムを組んで解決するとともに、理工学系教育の発展に向けて情報の共有、事業の共催などを通じてより強力な連携関係を結ぶのが目的。

 創設発表会は大阪市の大阪工業大学梅田キャンパス・OIT梅田タワーであり、各大学の学長が工大サミットの持つビジョンを説明した。この中で大阪工業大学の西村泰志学長は「ITなど近年の情報社会の発展はめざましい。工大サミットではそれら最新のテクノロジーを活用し、未来の生活やものづくりを創造できる人材を育成し、工学部の学びの楽しさを社会へ発信したい」と語った。

 発表会の終了後、大阪、芝浦の両工業大学は包括連携協定に調印、理工学系人材の育成に向け、個別に強力な協力関係を構築する考えを明らかにした。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。