讃岐うどん専門店「丸亀製麺」でお馴染みの株式会社トリドールが面白い試みを始めました。
大学生のファン作りを目的に、関東は早稲田大学・明治大学・青山学院大学の在学生、関西は同志社大学・関西学院大学・関西大学の在学生1名ずつ、計6名の丸亀製麺”学生アンバサダー”が任命され、学内でのファンを増やそうと会社と学生が一致団結して奮闘中です。その企画の第1弾として、大学の人気部活やサークルのメンバーがモデルを務めるポスターが制作されました。各々の大学の個性が分かりやすく、かつユーモラスに表現されているこのポスターは6月8日から公共機関の駅貼りとして順次展開されています。

ポスターを見た学生には、丸亀製麺の対象店舗で学生証を掲示することで「うどん部員」になることが出来、部員だけが受けられる特典の「うどん部学割」として天ぷらのサービスが受けられるという特典も付いているのも魅力的。
更に注目して頂きたいのが、ポスターに書かれているキャッチコピーです。例えば洗練されたイメージのある青山学院大学は「うどんも、オシャレだ。」、京都の名門・同志社大学は「ほな、丸亀いかへん?」と京都弁でアピールなど、たった一文なのにその大学のイメージが語られている所が斬新で「分かる!分かる!」と納得してしまうこと間違いなしです。
誰もが楽しめるこの企画、駅で見かけたら是非写真に収めてみてはいかがでしょうか。第2弾はいったいどんなものが出てくるのか今から楽しみです。

出典:【株式会社トリドール】丸亀製麺学生アンバサダーが企画した学内でのファン作り活動 大学生とのコラボレート企画がスタート

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。