大阪大学産業科学研究所の福井健一准教授と同大学歯学研究科・加藤隆史 教授らの研究グループは3月24日、スマートフォンやタブレット端末で録音された音から、個人の睡眠パターンを機械学習により可視化・評価するAI技術を開発したと発表した。

 これまで睡眠の質は専門施設や病院でなければ計測できなかったが、日本人の5人に1人が不眠に悩んでいるという背景から、家庭で簡単に計測でき体調や環境によって異なる睡眠パターンを把握することが可能なシステムの開発が待たれていた。

 エアコンの音や話し声などの睡眠環境音と歯ぎしり、体動、いびきなどの睡眠関連音の識別が課題だったが、今回、研究グループは、複数の機械学習の手法を組み合わせて高精度に睡眠関連音を抽出し、睡眠関連音の特徴に応じてそれらを2次元平面に自動マッピングする手法を開発。睡眠実験の結果、提案法による睡眠パターンの可視化に成功した。

 この技術の応用により快適な睡眠のパーソナル化が可能となれば、家庭で自己管理できるスマホやタブレットアプリの開発や、個人の睡眠パターンに応じた照明やエアコンの制御など、質の高い睡眠へ導く技術にも期待が高まる。

論文情報:【AAAI2017 Workshop Proceedings】Personal Sleep Pattern Visualization via Clustering on Sound Data

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。