神戸市立医療センター中央市民病院は、大阪大学大学院医学系研究科、京都大学iPS細胞研究所、理化学研究所と連携し、「滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植に関する臨床研究」を進め、今回1例目の被験者に対し、3月28日に移植手術を実施したと発表した。被験者は兵庫県在住の60歳代男性。

 今回の手術では、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が提供する再生医療用iPS細胞をもとに作製した網膜色素上皮細胞(RPE細胞)25万個相当を含む液を、右眼の網膜下腔に移植した。手術は執刀医の栗本眼科部長を含む計6名のチームで実施。約1時間で予定通り終了したという。

 加齢黄斑変性は、加齢に伴ってさまざまな理由で黄斑部の機能が低下する病気。滲出型加齢黄斑変性では、異常に生じた血管から血漿成分が滲み出たり、出血したりする。理化学研究所と神戸市立医療センター中央市民病院はすでに、患者本人の細胞(自家細胞)を用いる「自家iPS細胞由来網膜色素上皮(RPE)シート移植」を70歳代女性に対し、2015年に実施している。

 今回の臨床研究では、免疫タイプ(HLA)を合わせた他家iPS細胞(他人のiPS細胞)を用いることが最大の特徴。自家細胞の課題だった細胞製造にかかるコストと時間を大幅に削減できる。また、他人由来の細胞では免疫拒絶が懸念されるが、HLAを合わせて用いることで、免疫応答を抑えて安全に移植できるのではないかと期待される。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。