東京学芸大学は、将来の管理職の計画的養成を視野に、東京都教育委員会に大学教員を長期間派遣することを発表した。

 現在、教員養成系大学と教育委員会との連携の重要性が強調されている。そこで東京学芸大学では、将来の管理職の計画的養成を視野に、東京都教育委員会と連携協力し、大学教員を教育委員会に定期的に長期間派遣する事業を開始する。

 派遣される大学教員は、派遣期間中、教育委員会による事業の企画立案・予算編成・教育課程への指導や助言のほか、学校訪問、人事管理、議会対応など教育委員会事務局の業務を体験し、学校現場の動向を知るとともに、現職教員研修のニーズを探る。

 派遣事業の協定を締結にともない、2017年3月27日、國分充東京学芸大学理事・副学長が東京都庁の東京都教育委員会を訪問。派遣開始に先立ち、4月から半年間派遣予定の奥住秀之教授・学長補佐(特別支援科学講座)とともに、伊東哲教育監と挨拶を交わした。

東京学芸大学

幼稚園から大学まで有為の教育者の養成を目指した、教員養成の伝統大学。

東京学芸大学は、1949(昭和24)年に東京にある東京第一師範学校,東京第二師範学校,東京第三師範学校,東京青年師範学校の4つの師範学校を統合して創設されました。単科大学ではありますが、幼稚園から大学までの幅広い教員養成を目的とし、扱う領域は人文、社会、自然、[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。