文部科学省は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた人へ授与する2017年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者を決定した。

 科学技術賞は、開発・研究・科学技術振興・技術・理解増進の5部門設けられている。日本の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発若しくは発明を行った者を対象とする「開発部門」では、「生体親和性高分子の創出と生涯型人工関節の開発」を行った東京大学大学院工学系研究科の石原一彦教授ら29件が受賞した。

 日本の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は開発を行った者を対象とする「研究部門」では、「炭化物表面分解による新規ナノカーボン構造の創製と物性研究」を行った名古屋大学未来材料・システム研究所の楠 美智子教授ら、42件が授賞した。

 また、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象とする「若手科学者賞」には、「宇宙線生成核種を用いた過去の単年宇宙線イベントの研究」を行った、名古屋大学宇宙地球環境研究所の百瀨芙沙准教授(30歳)、「難削材の高精度および高速切削加工に関する研究」を行った大阪大学大学院工学研究科の杉原達哉助教(31歳)ら99名が受賞した。

出典:【文部科学省】平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。