研究分野での被引用数が世界の上位1%に入る卓越論文の国内総合ランキングで、東京大学が1位となったことが、国際的情報サービス企業クラリベイト・アナリティクス(米国フィラデルフィア)のまとめで分かった。東京大学は化学、物理学、生物学・生化学の分野でも国内トップを占めている。

 クラリベイト・アナリティクスによると、調査対象期間は2006年から2016年の11年間。学術論文の引用動向データを提供する統計データベースから日本の各研究機関が発表した卓越論文を調べた。

 東京大学は分野別で化学、物理学、生物学・生化学でトップだったほか、材料科学、免疫学、植物・動物学、分子生物学で2位に入り、総合ランキングで2位の京都大学を引き離して1位になった。この期間中の卓越論文数は1,326で、全論文に占める卓越論文の割合は1.6%。
2位の京都大学は卓越論文数764、卓越論文の割合1.2%、3位の理化学研究所は卓越論文数623、卓越論文の割合2.4%だった。
分野別では、材料科学で物質・材料研究機構、免疫学で大阪大学、植物・動物学、分子生物学で理化学研究所が1位を占めた。

 国別の卓越論文ランキングで日本は世界12位だったが、国内でトップ20に入った研究機関は前年と変わりなく、卓越性を維持しながら論文数を増やしていることも同時に明らかになった。

参考:【クラリベイト・アナリティクス】インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキングを発表

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。