名古屋工業大学電気・機械工学専攻の坂口正道准教授と株式会社神戸デジタル・ラボの山口和泰先端技術開発部長は4月20日、「触覚スタンプ」に関する研究を開始したと発表した。

 「触感(しょっかん)」という言葉が近年話題になっている。触覚をはじめ、さまざまな感覚によって成り立つ主観的な質感の総称として使われる。特に触覚は新領域として研究が注目されており、医療における触診のデータ化や、HD振動機能が搭載されたゲーム機の開発などで知られるようになった。

 今回、研究グループは「触覚」をSNSのような「顔が見えない」、「距離が離れている」など直接会えない時に適用することでコミュニケーションを豊かにすることをテーマに研究を進めてきた。今回、LINEスタンプの見た目の印象から触刺激をデザインし、振動によってその触刺激を実装することでより高い感情を伝達できるかどうかを検証した。

 実験には名古屋工業大学の学生らによる8グループが参加し、14スタンプを使用した。「8ビートドラムを素材に作成」「鼓動に近い音を再現する」など創意工夫を凝らして実装した触覚刺激を発表した。その結果、参加した8グループのうち「触感が有効である」と答えたのは7チームで結果87.5%が「触感がLINEスタンプの表現力を豊かにする効果がありそう」だと答えた。

 今回の成果により、触感はコンテンツの大小にとらわれない、UXデザインにおいても極めて重要なツールにあるという仮説がたった。今後、研究グループは様々なコンテンツに対して触刺激をデザインし、その触感を検証していく。有効であることが確認された触刺激をアーカイブし、様々なプロダクト開発で参照される触感データベースの研究を進めていく方針。

※記載されている会社名、製品・サービス名は、登録商標または商標

名古屋工業大学

実践的工学エリートの養成。 多様な人材との交流を通じて「自ら育つキャンパス」

「科学技術で未来社会を創るという高い志を育む教育」を目指し、歴史、文化、社会の発展を世界的な視野で理解し、科学と技術を新しい社会の創造に繋げる人材を育成します。 多様な人材が協働するキャンパスを目指し、国際的なダイバーシティ環境の整備を推進。留学生入学拡大の[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。