音楽を聴くことで、安心・リラックスしたりして、自覚的な疲労感が軽減されることがある。しかし、疲労感と実際の疲労度は一致しないことも多く、主観的な気分変化と科学的・客観的な疲労度の関係性は不明確であった。そこで、大阪市立大学と理化学研究所の共同研究グループは、疲労の客観的な指標となる循環器系自律神経機能指標(心拍変動)と主観的気分の変化を同時に計測し、その関係性の解析を試みた。

 まず、主観的気分データの解析結果では、ピアノ、バイオリン、自然音源などから構成される環境音楽の聴取により、気分が「癒し」「眠気」「安心・リラックス感」の方向に大きく動くことがわかった。さらに、聴取前後での自律神経機能の変化と主観的な気分変化との相関を調べたところ、「癒し」や「安心・リラックス」への気分変化に対しては心拍数が減少 すること、「爽快」への気分変化に対しては心拍変動の低周波数成分(LF)と高周波数成分(HF)の比が 減少することがわかった。

 この結果により、主観的な気分データから、個人の自律神経機能の変化パターンが予測可能であることが示唆された。
日常的な疲労の蓄積は、自律神経機能バランスの悪化を介してさまざまな疾病のリスク要因になることが報告されている。今回の研究をもとに、個人個人の自律神経機能に与える音楽の効果を高精度で予測する技術の開発や、自律神経機能バランスを適切に調節するような楽曲制作・選曲がデザイン可能となることが期待される。

論文情報:【Frontiers in Neuroscience】Music Improves Subjective Feelings Leading to Cardiac Autonomic Nervous Modulation: A Pilot Study

大阪市立大学

大学の普遍的使命「優れた人材の育成と真理の探究」の達成。 市民の誇りとなり、親しまれる大学。

優れた専門性、実践性、国際性を有し、総合的な判断力と豊かな人間性を備え、社会に積極的に参加する市民的公共性を持った人材を育成します。 新しい知の創造を目指す独創的で特色ある研究を推進します。また、都市が抱える様々な課題に取り組み、成果を都市と市民に還元し、地[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。