東京工業大学科学技術研究創成院フロンティア材料研究所の細野秀雄教授(元素戦略研究センター長)が、2017年5月5日付けで英国王立協会(The Royal Society)の外国人会員に選出された。

 英国王立協会は、17世紀近代科学の成立と時を同じくして1660年に設立され、「万有引力の法則」で有名なアイザック・ニュートンも長らく会長を務めた世界的に最も歴史のある学術団体で、近代的学会の先駆けとみなされている。その会員(フェロー)に選ばれることは英国の科学者にとって最大の名誉の一つとも言われている。

 外国人会員は毎年、全分野を対象に際立った業績を挙げた研究者が10名以内で選出され、今年はノーベル賞受賞者2名を含め10名が選ばれた。これまでの日本人会員には、故湯川秀樹博士や野依良治博士などがおり、細野教授は日本人として12人目。IGZO-TFTなどの酸化物半導体、鉄系高温超伝導体、電子化物など、新物質・材料の発見と創製が業績として評価された。

 細野教授は「15年くらい前に王立協会が主催したシンポジウムに招待された際、歴代のフェローには綺羅星のような科学者が沢山おられ、科学研究の長い伝統を実感しました。今回、外国人会員に選出されたとの連絡を頂き、大変に光栄に思います。推薦を頂いたフェローの方々と選考を頂いた委員会に感謝する次第です」とコメント。入会式は2017年7月14日、ロンドンの英国王立協会で開催される予定。

東京工業大学

時代を創る知を極め、技を磨き、高い志と和の心を持つ理工人を輩出し続ける理工大学の頂点

東京工業大学は産業の近代化が急務となっていた1881(明治14)年に東京職工学校として設立されました。設立以来、優秀な理工系人材と卓越した研究成果を創出し続け、現在も日本の理工系総合大学のトップにいます。東京工業大学は高度な専門性だけでなく、教養学を必修とする[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。