東北大学大学院理学研究科上田実教授、理化学研究所袖岡有機合成化学研究室/環境資源科学研究センター袖岡幹子主任研究員/グループディレクター、名古屋工業大学材料科学フロンティア研究院築地真也教授らは、病原因子の気孔再開口作用に、これまで知られていた機構以外に、小胞体の関与するバイパス機構が関与することを発見した。

 世界の農産物生産量の予定収穫量の15%は病害によって失われており、これは、5億人分の食料に相当する。病害による損失の抑制は世界的な課題である。

 病原菌は葉表面の開口した気孔から植物体内に侵入して感染し、植物は免疫応答として気孔を閉じて感染を防ぐ。さらにこれに対応して、病原菌は感染因子コロナチンを分泌して気孔を再開口させ、体内に侵入する。

 コロナチンは虫害に対する抵抗性機構をハイジャックする作用を持つため、これまで、病原菌感染(病害)と虫による害(虫害)に対する抵抗性は同時に強めることが出来ないとされてきた。しかしながら、同グループは、今回、新たに小胞体の関与するバイパス機構があることを発見した。新規の機構は、虫害への抵抗性には影響しないため、このバイパス機構を利用して、植物への病原菌感染を防ぐ新しい薬剤の開発が期待される。

論文情報:【ACS Central Science】Non-canonical function of a small-molecular virulence factor coronatine against plant immunity: An In vivo Raman imaging approach

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

名古屋工業大学

実践的工学エリートの養成。 多様な人材との交流を通じて「自ら育つキャンパス」

「科学技術で未来社会を創るという高い志を育む教育」を目指し、歴史、文化、社会の発展を世界的な視野で理解し、科学と技術を新しい社会の創造に繋げる人材を育成します。 多様な人材が協働するキャンパスを目指し、国際的なダイバーシティ環境の整備を推進。留学生入学拡大の[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。