2017年5月29日、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター高田礼人教授とデンカ生研株式会社が共同で開発した「エボラウイルス迅速診断キット」の試作品400テストが、エボラウイルス病発生が報告されたコンゴ民主共和国に提供された。

 「エボラウイルス迅速診断キット」はザンビアで実施中の地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)、「アフリカにおけるウイルス性人獣共通感染症の調査研究プロジェクト」の研究成果を活用し、高田教授とデンカ生研株式会社との共同研究を通じて試作品として開発されたもの。特別な器具や装置を必要とせず、約15分で検査結果が判明するため、医療施設が十分に整っていない地域においても活用が期待されている。

 今回の供与は、エボラウイルス病の発生を受けコンゴ民主共和国保健省に保健アドバイザーとして派遣中の池田憲昭専門家(国立国際医療研究センター)が高田教授に対してキットの供与を打診した結果、デンカ生研株式会社の協力で無償提供されることとなった。

 供与されたキットは、今後、コンゴ民主共和国国立生物医学研究所や国内の診療所においてエボラウイルス病感染疑い患者や、ウイルスを保有している可能性のある動物に対する検査・診断の補助として使用される予定という。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。