2015年8月、上海交通大学による「世界大学学術ランキング2015」が発表され、名古屋大学(愛知県名古屋市)は77位(国内3位)にランクイン。名古屋大学は2014年の101-150位より飛躍的に上昇し、一方で昨年国内4位だった大阪大学は7ランク順位を落としました。全体では、昨年同様、ハーバード大学(米)が1位を獲得。日本の大学トップ2は、1位東京大学(全体21位)、2位京都大学(全体26位)で、こちらも昨年と同じ結果となりました。

「世界大学学術ランキング(Academic Ranking of World Universities、略称ARWU)」は研究機関としての大学の貢献度を評価するランキングで、2003年6月に発表を開始して以来、毎年更新されています。ハーバード大学は、ランキング発表以来13年連続の1位を獲得。スタンフォード大学(米)は、2011年から5年連続の2位となっています。

ARWUの評価基準は、ノーベル賞やフィールズ賞を受賞した卒業生の換算数、同2つの賞を受賞した教員の数、高被引用科学者数、「ネーチャー(Nature)」と「サイエンス(Science)」に発表された論文数、「SCIE」と「SSCI」に収録された論文数、教師の平均表現(部門のパフォーマンス)の6つの指標を参考に、世界の500大学をランキングで発表しています。

なお、大陸別に順位を見てみると、上位20位中16校がアメリカ大陸と最も多く、残り4校が欧州の大学。アジアのトップは東京大学で21位となっています。

文部科学省は、2013年、国立大学法人の改革プランを発表し、今後10年で世界大学ランキングトップ100に国内大学10校以上をランクインさせる目標を打ち出していますが、今回のARWUのランキングにおいて、100位以内に入った日本の大学は、東京大学(21位)、京都大学(26位)、名古屋大学(77位)、大阪大学(85位)の4校となりました。

出典:【名古屋大学】2015年世界大学学術ランキング(ARWU)において77位(国内3位)にランクされました
【ARWU】世界学術ランキング2015

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。