京都産業大学タンパク質動態研究所 永田和宏所長(総合生命科学部教授)が、国際組織「The Protein Society」から2017年度の“Hans Neurath Award(ハンス・ノイラート科学賞)”を受賞することが決定した。

 この賞は、タンパク質科学の基礎研究の分野において格別の功績をあげた個人に贈られる。日本人の受賞は初。7月にカナダ・モントリオールで授賞式に出席し、受賞記念講演を行う。

 受賞理由は、小胞体におけるタンパク質の品質管理機構に関する我々の理解を深め、前進させる基本的な発見をもたらしたこと。功績としては、第一にコラーゲン特異的な分子シャペロンHsp47の発見と、その基礎的な機能解析があげられる。
さらに、哺乳類細胞における小胞体恒常性の維持機構と小胞体関連分解によるタンパク質品質管理の基本的な分子機構の解明を進め、最近では独自に発見したEDEM-ERdj5システムによる、変性タンパク質の小胞体関連分解機構の解明の功績が大きい。

 永田和宏所長は1947年滋賀県生まれ。京都大学理学部物理学科卒業後、企業の研究所勤務を経て、京都大学結核胸部疾患研究所講師、米国国立がん研究所客員准教授、京都大学胸部疾患研究所教授、同再生医科学研究所教授を歴任し、2010年京都産業大学総合生命科学部初代学部長となった。2016年に同大学タンパク質動態研究所初代所長に就任。歌人としての活動も知られ、宮中歌会始詠進歌選者を務めている。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。