東京福祉大学(東京都豊島区)は、2017年5月29日より、2018年度入学生を対象とした「入学前予約型奨学金制度」の受付を開始した。この制度は、受験前に申請するため、奨学金の受給を確定してから受験することができる。奨学生に選ばれた場合、在籍年数分の授業料の半額が免除され、将来返金は不要。

 経済的支援に力を入れる東京福祉大学は、さまざまな経済的事情により進学を躊躇している学生のために、2017年度の入学生から「入学前予約型奨学金制度」を導入。大学の場合は4年間で授業料のうち161万円が免除となる。こども教育・保育専攻の2年制短期大学は1年間53万円、保育・幼児教育専攻の3年制短期大学は79万5000円が免除される。採用候補者数は、大学27名、短期大学5名の合計32名。

 申請条件は、大学学部・短期大学部1年次入学を希望する志願予定者で、前年度の世帯の給与収入などの合計が500万円以下(事業所得などの場合は所得金額が200万円以下)である場合。募集要項・申請書類の東京福祉大学のホームページからダウンロードできる。
AO入試1期、推薦入試1期、指定校推薦入試1期を対象とした第1期の申請期間は2017年年5月29日(月)~7月7日(金)必着となっている。

 東京福祉大学では、この奨学制度の他にも、4年間の授業料・施設設備費が全額免除になり、かつ全ての海外短期研修に半額で参加できる「Special奨学金制度」などがある。どの奨学金制度も返金不要。各種奨学金制度の詳しい情報は大学ホームページ、およびオープンキャンパスでも説明会が行われる。

参考:【東京福祉大学受験生応援サイト】入試情報・奨学金制度詳細

東京福祉大学

アクティブ・ラーニングで楽しく学べる!学生参加型の授業で力を伸ばす。

本学では2000年の開学当初よりアクティブ・ラーニングを実践しています。授業は学生参加型・対話型のスタイルが中心。各学部の教育目標に沿った知識を分かりやすく学ぶことができます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。