厚生労働省と文部科学省が実施した意識調査結果で、「ブラックバイトである」というイメージが固定化しつつあった塾講師アルバイト。一方、株式会社成学社が運営する個別指導学院フリーステップでは、応募数が好調な伸びを見せ、5月17日時点での在籍講師数は同時期過去最高を記録したという。その背景には「安心塾バイト」認証があるのでは、と人事担当は話す。

 安心塾バイト認証制度とは、公益社団法人全国学習塾協会が認証基準に適合するか否かを審査し、合格した事業者を「安心塾バイト認証事業者」とする認証制度。認証基準は、厚生労働省が定める「学生アルバイトの労働条件に関する自主点検表」に沿って策定されている。
学習塾業界では、厚生労働省労働基準局などが実施した意識調査で、労働基準関係法令違反のおそれがある回答や、学業とアルバイトの適切な両立への影響が疑われる回答がみられたことから、問題となっていた。

 そんな中、同社の学習塾は、他事業者に先駆け、第一回判定委員会で「安心塾バイト」の認証を取得。認証から2ヶ月となる4月、5月の応募数が、昨年より好調を記録している。

 大学生の半数以上が、大学入学直後、1年生の5月までにアルバイト探しを始めると言われている。第三者機関からの認定が、安心して働ける環境選択の後押しとなったとみられる。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。