明治大学は優秀な学生が海外トップクラスの大学へ留学するのを後押しする「明治大学学生海外トップユニバーシティ留学奨励助成金」を新設した。2017年度から2020年度までの4年間を第1期とし、各年度とも5,000万円の総額2億円を助成する。

 明治大学によると、対象者は「明治大学海外トップユニバーシティ留学プログラム」で留学が決定した学生。受給者は1学期当たり最大300万円の助成金を授業料や寮費、渡航費などに充てることができ、経済的負担を大きく軽減できる。

 明治大学海外トップユニバーシティ留学プログラムは、留学先が米国のスタンフォード大学やペンシルベニア大学など世界のトップクラスと評される明治大学の協定校に限られる。
1年生からカウンセリングなどで留学に必要な事前準備の意識づけを始め、英語集中プログラムや英語で実施される授業を受講して英語力と異文化コミュニケーション力を徹底的に向上させたうえで、3年生で1学期間か1年間の留学に向かう。条件を満たせば、2年生での留学も可能となる。

 明治大学は2014年に選定された文科省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業で2023年度に単位取得を伴う海外留学経験者数を4,000人とするとともに、毎年の卒業生8,000人を「未来開拓力に優れた人材」として育てることを目標とする構想を掲げている。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。