科学技術振興機構は、「ジュニアドクター育成塾」における平成29年度採択結果を公表した。東京大学の「未来の科学・技術を担う探究意欲と科学を楽しむ心をもった子ども(未来の科学者)の育成」、筑波大学の「つくばSKIPアカデミー ~Science Kids Inspiration Program~」、鳥取大学の「めざせ!地球を救う環境博士」、琉球大学の「美ら海・美ら島の未来を担う科学者養成プログラム」など大学による企画が8件のほか、仙台高等専門学校の「高専の早期教育を活かした科学技術イノベーション人材の育成システム」、教育機関以外では唯一、株式会社リバネスの「持続可能なジュニアドクター育成・輩出プラットフォームモデルの構築」が選ばれた。

 「ジュニアドクター育成塾」は、将来の科学技術イノベーションを牽引する傑出した人材の育成に向けて、高い意欲や突出した能力を持つ小中学生を発掘し、理数・情報分野の学習などを通じてその能力を伸長させる体系的な取り組みを支援するもの。1件あたりの支援費は1,000万円、支援期間は5年。
平成29年度は、平成29年2月24日から平成29年4月14日の期間で募集を行われ、24件の応募があった。その後、外部有識者で構成される委員会による審査で、10件の採択機関を決定した。

参考:【科学技術振興機構】「ジュニアドクター育成塾」平成29年度採択機関の決定について

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。