内閣府は、鶴保内閣府特命担当大臣(科学技術政策)のイニシアティブにより、「サイエンス&イノベーション・インテグレーション協議会」(S&II協議会)を2017年7月27日付で立ち上げることを発表した。

 「日本の優れた科学技術シーズをしっかりイノベーションに発展させたい」という意味を込めて名づけられた「サイエンス&イノベーション・インテグレーション協議会」。各省庁や産業界、地域レベル等で実施されている関連事業に従事する多様な人材同士が、事業横断的・業際的に、より柔軟なコラボレーションが活発に創造される自律的なコミュニティ形成を目指すことを目的としている。

 主な活動内容は3つ。1つは産官学金等の各種分野での研究開発事業やオープンイノベーション、ベンチャー支援事業等に携わる各種支援人材の交流の促進。専門人材の育成、共有やキャリアパスの在り方なども発信する。2つめは各種マッチング事業やベンチャー支援事業等の俯瞰・可視化。企業側の「活用しづらさ」の改善を目指すという。3つ目は政策提言等。

 協議会の設立を記念して、2017年7月27日には、政策研究大学院大学で「設立発表会・記念シンポジウム」を開催予定。メディアアーティスト落合 陽一氏らによる「ニューインテグレーション~未来へのヒント~」をテーマにした基調講演や、「ベンチャーで新産業をアクセラレートする!~VBと大企業の共創に向けて~」をテーマにしたパネルディスカッションのほか、ネットワーキング交流会などを予定している。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。