イー・ガーディアンは6月23日、レプロエンタテインメントが主催する「Miss.AI -人工知能が選ぶ、美少女オーディション-」の審査システムとして、東京大学と開発した人工知能型画像認識システム「ROKA SOLUTION」が採用されたと発表した。

 今回使用される「ROKA SOLUTION」は東京大学とイー・ガーディアンの産学連携で開発されたもの。世界トップクラスの画像認識機械学習システムを基に開発されたもの。画像検知率99.5%の高精度により、今回のオーディションに採用された。

 同装置は「画像メディア向けコンテンツ連動型広告対策用画像フィルタ」「CtoC向けレコメンド機能」「模倣品画像検知システム」「不適切コンテンツ判定フィルタ」「顔認証を活用したマッチング機能」など、市場ニーズにマッチした機能開発により、AIシステムの提案領域を拡大している。

 「Miss. AI -人工知能が選ぶ、美少女オーディション-」は、「ROKA SOLUTION」に、レプロエンタテインメント監修のもとタレント名鑑等の女性芸能人の顔サンプル8000枚を学習させ、女性の特徴や共通性を分析し、客観的に点数化する。これにより、データに基づいた公平かつ正確なオーディション審査を行う。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。