東京大学松尾研究所(松尾豊准教授)※と株式会社WACUL(ワカル)は協働で、人工知能を使ったWebの最適化に関する研究開発を行うことを発表しました。
 東京大学松尾研究室は、日本で最高峰の人工知能研究機関です。人間の脳を模した構造をもち、抽象的なデータの表現を獲得することができるディープラーニングと呼ばれる技術を柱とした人工知能(AI)の研究のほか、人工知能を使ったウェブサービスの構築やデータ分析、企業に眠る蓄積されたビッグデータを活用した企業との共同研究などを行っています。

 株式会社WACULは、webコンサルティング事業などを展開する2010年設立のベンチャー企業で、2015年4月から、Webサイトのデータ分析から課題発見、改善提案まで自動でできる人工知能分析サービス「AIアナリスト」を提供しています。

 今回、人工知能を活用したWebに関する研究を協働で行うことで、WACULは松尾研究室の協力を得て、「AIアナリスト」の分析や課題発見精度の向上を図り、また、松尾研究室は、「AIアナリスト」が分析するデータを用いて研究開発を行うことで、ビッグデータの分析およびWebの最適化の研究を進めていくことを目的としています。松尾研究室とWACULは、この共同研究を通じ、Webの最適化に有効な人工知能の開発を目指します。

※東京大学松尾研究室(研究室長:松尾豊准教授)は、ひとのつながりやプロフィールを知ることができる人物検索サービス「あの人検索スパイシー」、アジア各国で現在流行しているマンガやアニメをTwitterやWikipediaなどの使用状況から予測する「アジアトレンドマップ」など、ウェブ上のデータを集めてネットワーク分析を行うことで、新しいウェブサービスを生み出しています。

出典:【株式会社WACUL】東京大学松尾研究室と人工知能ベンチャーWACULが共同研究, Webサイト最適化に向けた人工知能の開発を目指す

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。