北海道大学病院皮膚科の夏賀健講師をはじめとする共同研究グループは、コラーゲンの一種である17型コラーゲンが表皮の若返りに及ぼす影響を明らかにした。

 皮膚の表面に位置する表皮は、全ての臓器の最も外側に位置しており、外界とのバリア機能を担っている。表皮の厚さがどのように調節されるか、また、老化に伴って表皮がどう変化するのかは、これまで良く分かっていなかった。

 同グループは、コラーゲンの一種である17型コラーゲンに着目し、マウスや培養細胞を用いた研究を行い、17型コラーゲン欠損により、発生段階の表皮がより活発に増殖することを突き止めた。逆に、17型コラーゲン欠損マウスの表皮に17型コラーゲンを導入すると、表皮の増殖は抑えられることが分かった。このように同グループは、17型コラーゲンが発生段階の表皮の厚さを保つ機能を持つことを発見した。

 また、老化した表皮では17型コラーゲンの分布が変化し、表皮が増殖することで分厚くなる事を見出すとともに、17型コラーゲンを表皮に導入すると、表皮は老化しても増殖せず、いわゆる表皮の「若返り」を示す事を明らかにした。

 今回の成果は、表皮の若返りを目指す創薬や、皮膚がんの予防薬の開発へとつながると期待される。

論文情報:【eLife】:Type XVII collagen coordinates proliferation in the interfollicular epidermis

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。