琉球大学と那覇市教育委員会は、那覇市内20の小学校を対象に、食育授業を実施する「食育スタディ」を2017年6月からスタートさせた。

 沖縄の児童の健康調査で、肥満と齲歯率(うし=細菌が作り出す酸により、歯のエナメル質が溶け出した歯の欠損)が全国でも高位にあり、食事調査からも野菜摂取量が少なく、食塩摂取が過剰であることが問題になっている。

 そこで、「食育スタディ」は、沖縄の長寿再生の実現のため、児童の肥満および齲歯の予防を目的とし、那覇市内の小学校20校の児童約3,500名と参加同意をした保護者を対象に、1年間にわたり家庭と学校で食育を行い、健康的な食事を摂取するかどうかを検証する。

 食育授業では、沖縄県児童の過剰または不足栄養素である、食塩(過剰)、カルシウム(不足)、食物繊維(不足)、ビタミン(不足)、エネルギー(過剰)、歯科知識(不足)などをとりあげる。また、先行研究(八重瀬町食育スタディ)の解析結果から、児童・保護者の十分な栄養知識が、児童の健康的な食事と関連することや、さらに家庭における会話の豊富さなどが、栄養知識レベルと関連していることがわかっているため、この先行研究を基に新規開発した、児童と保護者が家庭内で行う教材「食育クイズ」も使用する。

 この「食育スタディ」は2018年3月まで行う予定で、子どもや保護者の栄養知識の向上が健康行動改善につながり、沖縄の長寿再生に結び付くことが期待されている。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。