立命館大学などを運営する学校法人立命館と、フランスの料理・ホスピタリティ教育機関「ル・コルドン・ブルー」は、教学提携協定を締結した。2018年4月に立命館大学びわこくさつキャンパスに開設する「食マネジメント学部」で、国際的に通用する修了資格を取得できる共同プログラムを展開する。

 立命館大学によると、プログラムの名称は「グローバル・カリナリーアーツ・アンド・マネジメント・プログラム」。対象は食マネジメント学部生のうち、1学年16人で、入学後に募集を始める。

 ホテル業界での経営やマーケティングを学ぶほか、ル・コルドン・ブルーの講師陣から調理技術、知識の講義と実習を受け、関連業界の企業視察や長期インターンシップも実施する。立命館大学の学士号に加え、ル・コルドン・ブルーが発行する修了資格も取得できる。

 ル・コルドン・ブルーは1895年、パリで設立され、世界20カ国に35校以上の国際ネットワークを展開、毎年2万人以上の受講生を迎えている。日本には東京校と神戸校があり、パリと同じカリキュラムでフランス料理などの授業をしている。

 吉田美喜夫立命館総長は「『食』を新たな学問領域として切り開き、グローバルな課題を解決できる人材を育てたい」、ル・コルドン・ブルー・インターナショナルのシャルル・コアンコロアジア代表は「日本の食ビジネスにグローバルな知見を生かし、次世代育成で貢献したい」とのコメントを発表した。 

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。