【商品名(販売名)】素肌しずく うるおいミルク(素肌しずく 保湿液a)  ※出典元より

【商品名(販売名)】素肌しずく うるおいミルク(素肌しずく 保湿液a) 
※出典元より

鳥取大学の伊福伸介准教授はカニの殻の成分であるキチンを繊維として取り出すことに成功していました。これを「マリンナノファイバー」と名付け商品化に向けてアサヒフードアンドヘルスケア株式会社と共同研究をしてきましたが、第一弾として多機能オールインワンミルク『素肌しずく うるおいミルク』が2015年9月7日より発売されます。

もともと樹木から繊維を取り出す研究をしていた伊福准教授が鳥取に来たことがカニの殻を有効利用する研究のきっかけでした。鳥取にはカニの水揚げが日本一の境港があり、殻が大量に廃棄されている現状がありました。殻を旅館などから提供してもらうなどして繊維を取り出す研究を始め、1カ月ほどで繊維の取り出しに成功しました。これまではキチンといえば粉末が一般的でしたが、これは水にあまりなじまず利用が困難でした。一方繊維状のキチンは水とよくなじんでゼリー状になるため、化粧品や食品への添加など様々な活用が可能です。その後の研究で優れた保湿効果、抗肥満効果、整腸作用などがあることが分かっています。さらにプラスチックに混ぜ込むことで透明性をそのままに強度を上げることもでき、スマートフォンなどのデジタル端末やフィルムといった工業製品にも使えるとしています。

これまで捨てていたカニの殻の有効利用は、これからも新しい産業の創出につながるでしょう。化粧品、食品のみならずプラスチックの材料にもなるという多機能性も今後の用途の広がりを期待させてくれます。

出典:【鳥取大学】新素材「マリンナノファイバー」初の商品化【鳥取大学】マリンナノファイバー

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。
記事内容等に関する問合せ・ご意見はこちらからお願いします。